誘って誘わせる会話を身に着けるとモテる

これまでの実体験から、男性と付き合う時って、女性が意味深な発言をして、男性をそれにうまく乗せるという方法をとったらカップルになることが出来ると思います。つまり誘って誘わせる会話術を習得することが大切なのです。

女性から誘うのは恥ずかしい、でも彼を逃したくはない

気になる男性がいても自分から誘うのって恥ずかしいものです。また彼も気がありそうだけど、告白をしたら拒否されたらどうしようと思いますよね。でももたもたしていると彼がほかに行ってしまうかも…という不安がある時は思い切って、彼に気があることをさりげなく伝えましょう。私がこれまでに使った手は、「アーそういうところ同じ考えしてる!」「あーいいねいいね。今度一緒にやろうよ」とか。彼と付き合おうと直接言っているわけではないですが、彼に気があることは伝わりそうでしょ?そしたら彼だって、「じゃ、今度いつ行こうよ!」と切り返してくることもあるのです。これはつまり私が誘ってほしいなオーラを出して彼がうまくそれに乗った!ということなんですね。

彼とご飯、でも楽しい時間をもっと続けたい

まだ彼氏にはなっていない彼とと二人でご飯を食べるって楽しいですよね。でも食事の後に別れて帰るということを想像したら寂しくなりますよね。そんな時はこういったら効果覿面です。「アー楽しかった!」と素直に心からいうこと。また「一緒にいると何でもおいしく感じるー!」など一緒にいるといつもとは違うアピールをするのです。彼もそれを読み取ることが出来ると、時間が許せば、「じゃあ、もう一軒行く?」となること間違いなしなのですね。つまり女性の誘いに彼が上手に乗ったという状態なのです。

会話+目でアピール

彼との会話も大切なのですが、もう一つ大切なのは、目です。会話は恥ずかしくてなかなか気の利いたことが言えないということもあるかもしれませんね。その時には目で訴えるといいですよ。私も過去これで2回ほど男性の興味を引いたことがあります。この時は、「何か目に訴えられるんだよな」と後から言われました。目力って結構大切なんですよ。恥ずかしくて彼のことを直視できないという場合はも、会話の最後には必ず目をあわせて…これが彼を引き付ける最大のポイントです。

まとめ

恥ずかしいなら余計自分を誘わせる方法を身に着けるといいです。気になる男性を手に入れたいなら、自分からアプローチすることだって大切。でも恥ずかしくて直接的な言葉でアプローチできないのなら、ちょっと気のある雰囲気を出して誘って、彼に誘わせるという方法をとるときっとうまくいきますよ。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です